« 美しい星空の阿智村と阿久遺跡(日本最古の環状石遺跡) | トップページ | 端午の節句は中国から伝来は嘘? »

2016年5月 4日 (水)

真田丸・上田の超古代史 

Yjimage7_3真田丸・上田の超古代史Yjimagesszgi3es5・4
 今年は「NHK真田丸」大河ドラマに上田地域は湧いているようです。松本の友が近くなのにツアーで行ってきたそうです。上田地域はこの時代だけじゃない、とても面白い縄文時代から弥生時代と推定される遺跡や遺物や祭りなど残っているけど、ちょっとついでに見てくるのもいいかも。
 
勿論国宝の塩田平や青木村の三重の塔は見ていると思いますが、7月頃か調べてないですが雨乞い祭りと言われる「各家庭で反物を竹竿に吊るして奉納する「岳の雨乞い祭り」は私は見ていないのですが「何でこんな祭が」と思えますが、きれいな祭りのようです。今行われている諏訪の御柱祭も然りですが、何でこんな祭が行われるの??と頸が自ずと傾きます。でもその地域の特産物を見ると上田の場合「絹織物・綾錦織物」の産地だったことが分ります。その発祥は「反物の祭り」という事で反物で造った「お船祭の船の舳先に和服が祀られる」不思議な祭りの穂高神社の事(神宝は伊勢大社と同じ機織り機)を考えれば、反物を織って作った和服の祀り、和服=反物を織りあげて神社に奉納する人々・村の女衆の心意気を感じずにいられません。そうやって日本文化は脈々と営まれ発展して来たと思えます。
 
 上田塩田平地域の三重塔他、他にも塔が幾つか並びこれも見応えがあるけれど、初期の仏教文化がこの地域で育まれていたことも出土品(出土瓦が分厚くてその上縄文時代に流行した雲母が入った物が出土している)やら、とても面白い文化が詰まっています。私は山岳仏教のルーツ的地域(ルーツは少し山の中のようですが)の一つと考えています。その一つが北向き観音で、善光寺信仰と対をなしていて、善光寺観音は難波の海から拾い上げた一光三体仏と伝承されてるけど、これは天照大神とスサノオの尊と月読みの尊信仰で三体が一つの光背に仲良くおさまっている姿です。これは日本神話の中で大きな位置を占める三貴神(模様でいえば三角形=信仰されて縄文土器後半~弥生土器初期に使われた模様)の仏像という事だと言えます。是非寄って日本超古代史の奥深さをちょっと考えて見られるのも面白いと思います。

 


« 美しい星空の阿智村と阿久遺跡(日本最古の環状石遺跡) | トップページ | 端午の節句は中国から伝来は嘘? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真田丸・上田の超古代史 :

« 美しい星空の阿智村と阿久遺跡(日本最古の環状石遺跡) | トップページ | 端午の節句は中国から伝来は嘘? »